Profile

【本名】石津 史子(いしづ ふみこ)

【取得ライセンス】1984年 社会保険労務士

  1997年 日本FP協会認定 CFP®

  2002年 厚生労働省認定 1級ファイナンシャル・プランニング技能士

 

    【略 歴】

・奈良県立郡山高校卒業

 3年生の夏・・インターハイ出場(テニス)
 クラスメート達が夏の甲子園大会でbest8

・同志社女子大学卒業

・奈良県生駒郡の小学校で教諭生活3年
・1985年
        大阪市で社会保険労務士事務所開業。
  開業のタイミングが基礎年金導入と重な

  ったため、「自分年金作り」がその後の

  ライフワークとなる。

・1997年10月~2004年3月 
  旧郵政省『暮らしの相談センター」にて

  貯蓄保障相談員として、住宅ローン、保

  険、金融商品、生活設計等の相談を受け

  てアドバイスを行う。

  『中立でいることが本当に相談者の利益

   につながるのか、無責任ではないか』

  等々、自問自答の日々を過ごす。

 

・2001年2月~2006年1月          All about年金ガイドになる

 『公的年金だけではHappy Retirementは難しい。老後資金は公私でトータルに考えるべき。

  自分年金作りに利用できる、長い付き合いのできる投資信託がもっと身近に要る!』

・2006年3月・・・ 大阪市で投資信託の運用会社「浪花おふくろ投信㈱」を設立

  東京23区以外に本社を置く最初の投資信託の運用会社となるべく、認可申請に奔走。

・2008年4月・・・「浪花おふくろファンド」設定・運用・直接販売を開始
    2012年9月末に退職するまで、 自分年金作りに利用して頂けるファンドを大切に育てながら、

 自ら考え納得して行動できるようになっていただくために、社会保障や家計管理、自分年金作

 り の必要性、投資信託や積立投資のしくみ等をテーマにした勉強会を大阪市を中心に500回以

 上開催。

 2010年4月、東京の投信委託会社2社と合併(クローバー・アセットマネジメント㈱に社名変更)。
 2012年9月末 投信委託・直販のすべてを東京に集約することとなり退職。

・2012年10月~2018年3月 大阪市で社会保険労務士事務所兼FP事務所再開

・2013年6月~ 実母の法定成年後見制度の保佐人となる。

・2018年4月・・・事務所を大阪市内から奈良市内に移転。 

↓写真は、セミナーのパートナー

1993年以降、年金を解り易く解説し、あわせて自助努力の大切さをお話ししてきました。

 ◆ 2014年からは、「太閤記」「関ケ原戦記」「難波戦 記」など祖父(講談師二代目旭堂南陵)

  が得意にした軍記物三部作の続き読み講談の音源収録や、講談を広く知って頂くためのセミ

  ナーを開催するなどの活動もしています。

                         ホームページ・・・続き読み講談*のこし隊 

 ◆ 同居家族・・・夫、犬2匹、猫1匹